枚方市議会議員 大塚光央(光央の活動)

←交通事故     心を映すもの→
カテゴリ:自然

 タイトル:淀川

自然と共生するまちづくりは私の政治姿勢の基本のひとつです。
以前にも書きましたが、自然というものは時にそこに住むものに厳しいものです。だからと言って自然を疎遠にするまちであってはなりません。自然と上手に付き合っていくこと。できるだけ自然を損なわず、自然から得るものを大切に。
自然と開発は、相反する意味ともなりえますが、「共生」をキーワードにしたまちづくりの理念を忘れたくはありません。

下の写真は淀川です。冬の風景で、しかも曇り空でしたので、人影もなく、寂しい映りとなってしまいましたが、これもまたそのままの姿……。

この記事への
 コメント
(サイト管理者承認後掲載されます)

枚方市議会議員 大塚光央(コメント一覧)

2015/02/11:大地震の際は津波が淀川をさかのぼってくるとか…… 歴史的には何度か淀川の水害がありましたが、想定外の災害が起きたらどうなるのだろう……

2015/02/09:子どもの頃、淀川やワンドでよく魚釣りをしたものです。鯉やフナ、なまず・・・。寒い日は帰りに駅の100円うどんで冷えた身体を温めたことを思い出します。写真のあたりは、昔に花火大会をしていたところでしょうか。懐かしいな〜。

コメント一覧

Copyrightc 2010 SSKPC Service All Rights Reserved.