枚方市議会議員 大塚光央(光央の活動)

←まちの活力とは     枚方市の市章→
カテゴリ:市議会議員として

 タイトル:市議会議員として

皆さんのお力添えで議員となり、これまで総務・文教・厚生・建設の各常任委員会、そして枚方・寝屋川消防議会、都市計画審議会、議会改革調査委員会などで様々な活動を行ってきました。
この間、東部清掃工場や火葬場の建設や小・中学校の耐震補強、新病院整備、岡東中央公園整備、小学校安全監視事業、津田駅東口周辺整備、枚方市駅周辺整備ビジョン策定、小・中学校トイレ改修、子ども医療費助成拡充、特別史跡百済寺跡整備など、様々な市の事業に関わってきました。
議員としての取り組み姿勢は、「単なる行政批判ではなく、市民とともに具体的に取り組むこと」をモットーとし、市民の皆さんとの対話を重ねながら市民と行政の力強いパートナーシップにより、「住民が安全・安心に暮らせるまちづくり」に向け、引き続き精力的に活動を進めていきます。

この記事への
 コメント
(サイト管理者承認後掲載されます)

枚方市議会議員 大塚光央(コメント一覧)

2014/12/11:一度議会を傍聴しに行きたいと思います。どの議員さんが、どんな発言をしているのか。やはりナマの声を聞いてみたいとの思いからです。

2014/11/30:議員さんのホームページも様々ですね。きれいごとを並べて媚びているようなものもあれば、ただただ頑張っていることをアピールしているものの。大塚さんのホームページはあまり更新されませんが(^^)、実直な人柄が伝わってきます。これからも頑張ってください!!

2014/11/16:初めて大塚さんを見たときには、いかつそうな人やなと思いました。(失礼) 一度お話したことがあるのですが、なんとも気さくで、しっかりと話を聞いてくださいました。 主義・主張を大声で伝えることはわりに簡単なことですが、話を聞くというのはなかなか難しいものだと思います。 「聞き上手は仕事上手」と以前に上司から言われたことがあります。 これからも市民の声に耳を傾けながら頑張ってください。

2014/11/02:日々の生活に追われて、なかなか地域で何かをというようにいきません。かろうじて地域でしていることと言えば、年に数回の自治会の催しくらいでしょうか。定年したら…ということか、自治会で中心的な役割をしていただいている方は高齢の方が多いみたいです。仕事先でワークライフバランスという言葉を聞いたことがあります。仕事と生活のバランスを程よくとってということですね。でも現実にはワークワークワーク。何のための仕事かと考えることもあります。もしかして議員活動もそうですか?議員としての活動が生活を圧迫していませんか?

コメント一覧

Copyrightc 2010 SSKPC Service All Rights Reserved.